【体験談】東京都大田区のキャバクラでお水の仕事

【体験談】東京都大田区のキャバクラでお水の仕事

こんちには、当サイトの管理人です。

 

今回は、東京でキャバ嬢をしていた女性の体験談です。

 

東京のキャバクラで・・・

私がお水の世界で働き始めたのは、20歳の頃が初めてでした。

 

その当時は、東京の大田区のキャバクラで働いていました。外国人のお店も多く、夜はとても賑わっていました。

 

働き始めた理由として、一番は、お金でした。キャバクラで働く多くの方の理由がそれだと思います。

 

求人誌で見つけたキャバクラに体験入店

私の場合、友達と一緒に働く。といった感じだったので、キャバクラは求人雑誌(無料でコンビニなどにおいてあるもの)で見つけました。

 

初めは、体験入店をしてお店の雰囲気が良ければ、そこに決める。といった感じでした。

 

実際は決めるまでに4店舗の体験入店を経験しました。

 

ポイントは、お店の雰囲気と女の子の雰囲気、そして、何より金銭面で優遇されているか?でした。

 

私が、働いたお店は、自由出勤だったので出勤出来る日をカレンダーに書き、マネージャーに伝えてお店側、女の子側が両方オーケーであれば出勤する。といった感じでした。

 

時間は、大体、8時から夜中の1時頃まで。でした。そこから、アフターへ行く場合もありましたし、直帰する事もありました。

 

お給料は日払い制で時給1800円でした。

 

キャバ嬢の衣装

ちなみに、衣装ですが、みんなバラバラでした。

 

昼間の仕事をしていて、夜と掛け持ち。なんて子もたくさんいましたので店服(ドレスやスーツ)も用意してありました。

 

中には、昼間スーツだから、そのまま夜の仕事もスーツで出る。という子もいました。

 

店服を借りる場合も借りない場合もお金などはかからないので私は、店服を借りる事が多かったです。

 

同伴日や指名日も・・・

そして、お店によっては、同伴日や指名日なども設けてあるところもあります。もちろん、出来なければ、罰金が発生します。

 

休んでもマイナスになるので同伴出来なくても出勤した方がマイナスにはならなくて済む。といったシステムです。

 

また、ドリンクバックもあるので、指名の席はもちろん、ヘルプの席でも飲みまくります。1杯あたり、100〜200円バックですね。

 

ただし、お店によってはドリンクバックは指名の子のみ。というお店もありました。どれだけ飲もうと指名された子にバックされるシステムです。

 

いくら自分にバックが入らないとはいえ、その子が自分のヘルプに付けばその分飲んでくれるので、そこは持ちつ待たれつでした。

 

キャバ嬢の接客

そして、お客様に対しては、基本となるのが、まず新規のお客様の名前を覚える事。

 

たとえ、数分しか付いてなかったとしても次いらした時に、顔を覚えて名前も覚えていると指名してもらえる可能性は断然上がります。

 

着飾った女の子たちが戦争しているので、人より気配りが大事になってきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回の体験談は以上になります。

 

当サイトでは、お水系のドレス&スーツを扱う通販サイトの一覧を掲載中ですので、そちらもチェックしてみてください。

 

お水系ドレス&スーツ通販サイト一覧

 

ランキング公開中♪

ランキング公開中♪人気のドレス&スーツ通販ショップをチェック★
モデルやトップキャスト御用達の人気ショップから、品揃え充実の穴場ショップや激安ショップまで♪
キャバクラ嬢、アゲ嬢、小悪魔ageha、お水系、水商売系、パーティー系のドレスやスーツを探すなら必見!